爪に良い栄養素

爪を健康に保つには、爪に良い栄養素を積極的に摂ることが効果的だといわれています。
では、爪に良い栄養素というのは、どのようなものがあるのでしょうか?
具体的には、タンパク質やミネラル、各種ビタミンなどが挙げられます。

上記の栄養素が、どれかひとつ極端に摂取するというよりも、バランスよく、まんべんなく栄養を取り入れることができるのが、健康な爪を育てる理想。
要は、バランスの良い食事を心がければ、自然と健康な爪が育つということなのかもしれません。

タンパク質は、大豆などの豆製品や肉類がそれにあたります。
豆製品は、各種のお豆はもちろん、豆乳や納豆、豆腐なども当てはまり、これらにも良質のタンパク質が含まれています。
肉類はタンパク質の宝庫ですが、その分油分やカロリーの宝庫でもありますので、摂り過ぎないように注意しましょう。

タンパク質は、朝に摂取するよりも夜摂取するほうが吸収率が高いといわれています。
筋肉をつくるためにもタンパク質はとても重要な役割を果たしますので、良質のタンパク質を夜に摂取すると、効率よく吸収できると思われますので、日頃の食生活を意識してみて。

ミネラルは、昆布やわかめなどの海藻類や、ミネラルウォーターなどに含まれています。
海藻類は繊維も豊富なので便秘にもとても効果があり、ダイエットにもよいといわれていますので、ぜひ積極的に摂取したい食材です。
ご飯を炊く時に、だし昆布を一切れ入れて炊くと、ミネラルたっぷりのご飯炊ける上に、味もよくなりますhので試してみてください。
ミネラルウォーターは、一気にガブガと飲むよりも、こまめに少量ずつ飲むほうがミネラルの吸収が高まるといわれています。
これまで、のどが渇いたらすぐに清涼飲料水を飲んでいた、という方は、ジュースの摂取をちょっと我慢して、ミネラルウォーターに変えてみましょう。
肌の質感がガラリと変わってきますし、爪の健康にもつながります。

ビタミン類は、それぞれのビタミンによって含まれている食材が異なります。
ビタミンCはグレープフルーツなどの果物に多く含まれていますし、ビタミンAはにじんやレバーなどに多く含まれています。
アンチエイジングによいといわれているビタミンEは、海藻やアボカドに豊富。
それぞれの食材をバランスよくいただいて、各種ビタミンを効率よく摂り入れましょう。
ビタミンは、水溶性のものもなどもあり、吸収が難しいものもありますので、マルチビタミンなどのサプリメントで効率的に摂取するのもおすすめです。