爪の病気

爪は、めったに病気をしないようなイメージがありますが、まれに病気になってしまうこともあります。
また、とある病気が、爪に影響を及ぼすということも。

爪に症状が出てしまう病気の代表として、ジェルなどをきちんとリペアしないために、
爪とジェルの間に入った水分から雑菌が繁殖し、
爪にカビが生えてしまうという「グリーンネイル」という病気があります。
これは若い方に非常に多い病気で、多忙からネイルのメンテナンスが行えずにいるうちに、
水仕事や入浴などで爪とジェルの間に水が入り、そこに菌が繁殖して悪さをします。

この病気は、発症がわかったらすぐにネイルをオフし、緑色になってしまっている爪が完全に生え変わるまでは、
爪のおしゃれを楽しむことができません。
職業柄爪を常にきれいにしておかないといけないという方もいらっしゃるでしょうから、
病気にならないように日頃から衛生面には注意し、ジェルが劣化してきたら、
すみやかにメンテナンスを行うように意識することが一番の予防策です。
また自分でジェルを乗せている方は、施術前のアルコール消毒を忘れないように。
これをきちんと行わないために、病気が発症してしまうという方も少なくありません。

そのほかにも、爪だけではなく、手に疾患が出る病気もいくつかあります。
これらの病気についてある程度の知識をもっておくと、いざ何かトラブルになってしまったときに冷静に対応できますので、
この機会に手に関わる病気について、いろいろと勉強してみましょう。
いつもきれいで健康な手でいるためには、こういった知識をもっておくことはとても大切です。

◆手の病気(作成中)

手は、ちょっとした捻挫や腱鞘炎など、さまざまな病気があります。
何もしていなくても病気になってしまうということは、手の病気としては少ないですが、
手を酷使することで病気になってしまうということが多いようです。
ここでは、手に関する病気について、いろいろとご紹介しています。

◆爪に良い栄養素(作成中)

ネイルをしている方は、爪に不可がかかりやすいので、常に爪を健康に保てるような工夫が必要です。
そこで、ネイルのケアや体内からのケアでお手入れをする必要があります。
爪を丈夫にしたいと考えたときに、まずカルシウムを連想する方が多いようですが、
実際に爪に良いといわれている栄養素はちょっと違うんです。
そこで、爪に良い栄養素について調べてみました。

◆足の病気(作成中)

足はいろいろな病気になってしまう可能性があるところ。
何もしていなくても病菌になってしまうこともありますし、
酷使したり、不衛生にしてしまうことで発症する病気もあります。
どんな病気があるかを知り、予防を心がけることで、病気と縁遠い生活が送れますので、
足の病気についてこちらで見ていきましょう。