日焼け止め

顔や首には日焼け止めを塗るけれど、手に日焼け止めを塗っている方というのは少ないようです。taiyou
紫外線の強い時期、本当は腕や手にも日焼け止めを塗るべきだということはわかっていても、
つい面倒だったり、ベタベタした質感がいやだったりということから、UVケアを怠ってしまう様子。
また、SPFが強い商品になると、専用のクレンジングを使わないと日焼け止めをしっかり落とすことができないことから、
そのクレンジングが面倒だから日焼け止めを塗らない、という方もいらっしゃるようです。

けれど、手はすぐ焼けてしまう上に、一度焼けてしまうとなかなか元に戻りません。
そして、毎日少しずつ受ける紫外線によってメラニンが蓄積されていきますので、シミになりやすいんです。
手のUVケアは、本当に意識してほしいところ。
きれいにネイルを施したって、手がどす黒く焼けてしまっていては、ネイルの魅力も半減してしまいます。

手の日焼け止めは、ボディ用のUVクリームやローションをチョイスします。
海や山用のものや、汗などで落ちにくいよう開発されている日焼け止めは、
前述したように専門のクレンジングを使わないときちんと落とすことができません。
正確には、市販のクレンジングオイルなどで落とすことも可能ですが、
そちらのほうがコストがかかってしまうことがあるので、専用のクレンジングを使ったほうがよいでしょう。
このクレンジングをしっかり落とさないと、毛穴の中に日焼け止めが残ってしまい、
肌荒れや肌の老化につながってしまいます。

クレンジングはどうしても面倒!という方には、クレンジング不要のさらっとしたタイプの日焼け止めも販売されています。
ただし、クレンジング不要な分、落ちやすいように作られていますので、
合間をみて重ね塗りをする必要があります。
日焼け止めの効果が持続する時間は、製品によって異なりますが、
一般的には約3時間前後。となると、落ちやすいタイプの日焼け止めは、少なくとも3時間以内に塗りなおしが必要です。

子供用の日焼け止めも、クレンジング不要なものがあるので、敏感肌の方は子供用を使うのもおすすめ。
日焼け止めは、SPF効果が高くなればなるほど、肌への負担が強くなっていきますので、
子供用のものをこまめに塗り直すようにすると、肌への負担も少なくてすみます。

◆参考サイト:日焼け止めハンドクリーム総合情報

SPFは50のものを使ってしっかり日焼け止めされている方が多いです。
紫外線が気になる日はぜひSPFが高めのものを使っていただきたいですが、
曇りの日は、肌への負担を考えて、SPF30くらいの少し低めのものを使ってもよいでしょう。
「曇りだからきょうはUVケアなしで大丈夫!」と思ってはダメ。紫外線は曇りや雨の日も出ていますし、
室内にいたって蛍光灯などから出ていますので、毎日必ず塗るように心がけてくださいね。
これで、ネイルが映える美しい手に一歩近づけるはず!