マッサージ

手のマッサージを行うと、肌の血行がよくなって肌色が明るくなるほか、甘皮の代謝が上がるので、
生え変わる甘皮も健康なものになるのでとてもおすすめです。
またハンドマッサージは、フェイスマッサージのように準備などが必要なく、
いつでもどこでも気軽に行えるのも好ポイント。
手を洗うたびに、ちょっと一息ついたときに、さっと行う習慣をつけると、より高い効果が期待できます。

具体的なマッサージ方法は、まずハンドクリームをつけて、手の甲や平にしっかりと浸透させます。
そして、手の平を出し、親指の付け根辺りの膨らんだ部分を見て、
その周りのへこんでいるところにツボがありますので、
そこを指でぐっぐっと刺激します。両手交互に行います。
自分でハンドマッサージをするのは難しいという方は、
ご家族やお友達と交代しながら行うと、より深いマッサージが可能です。

まず、相手の方の手にハンドクリームをしっかりと塗布し、浸透させます。
相手の手の平の甲を出して、甲の皮を左右につっぱらせるような感じで引っ張ります。
こうすることで、手のひらのシワを刺激します。
そして、親指と人差し指の付け根のところにあるツボを刺激します。
最初は手の甲から、次は手の平から行いましょう。
マッサージは親指の先で行うのもよいのですが、親指の第一位関節を使うと、
相手に痛みを感じさせることなく、適度な圧力でマッサージできておすすめです。

自分でマッサージを行うときは、爪の甘皮の部分もしっかりマッサージしてあげると、
指先の血行がよくなって、手がいきいきしてきます。
顔も、マッサージをすることで代謝が上がるように、手もマッサージで代謝があがります。
そしてくすみなどを改善してくれる上に、
シミやシワの予防にもなりますので、ぜひ瀬曲的に行いたいですね。
ハンドクリームを塗るたびに、すごくしっかりとではなくても、
ちょっと関節をマッサージするような習慣をつけてしまうとよいでしょう

甘皮をマッサージすることで、生え変わってくるネイルがいきいきしてきますし、
ネイルのもちもよくなります。
ジェルネイルなどで爪を酷使している方は、なおのことをしっかりマッサージしてあげてください。
ネイルサロンでマッサージをしてくれるサロンがあるかと思いますので、
そこで受けた施術を自分で覚えておいて、自宅でセルフマッサージするのもよいと思います。

マッサージのときに使うハンドクリームは、日中用でも構いませんが、少しリッチなものを使うと、
肌に成分が浸透しやすくなるので、トリートメント効果が高まります。
癒やしを求めるときは、香りのよいものをチョイスしてみて。