ハンドクリーム

ハンドクリームには本当にいろいろな種類があって、
どれにしようか悩んでしまうという方も多いのではないでしょうか。
一番のおすすめは、そのシチュエーションによって使い分けられるように、数本揃えておくこと。
ここで、ぜひ揃えておきたいハンドクリームについてご案内したいと思います。

◆参考サイト:手もとの若さを保つハンドクリーム

ハンドクリームは、価格帯もさまざまで、安いものであれば100円ショップで売られていますし、
高いものになると1万円を超えるものもあります。
まず揃えておきたいのは、日中気軽に使えるハンドクリーム。
これはドラッグストアなどで手軽に購入できるもので十分です。けれど、
もしちょっとリッチなハンドクリームを購入する余裕があるという方は、
UV効果が入ったハンドクリームを使うとよりハンドケア効果がアップします。

日中は、トイレや水仕事のたびに手を洗ったり、作業をしている間に自然と落ちてしまうので、
さほどよいものではなくてもかまいません。
その代わり、落ちてしまうたびに都度塗りなおしをしたいので、ケチらずたっぷりと使えるものがよいでしょう。
水仕事が多い方は、水をはじくタイプのハンドクリームもありますので、そういったものを活用するのもよいですね。

この日中用ハンドクリームは、ネイルケアもできるという製品もありますので、そうしたものを使うと、
ネイルも同時にケアできて一石二鳥です。
ネイルトリートメントの効果がなくても、爪の甘皮のところをしっかりとクリームで保湿しておくと、
ネイルケア効果が得られますので、ハンドクリームを塗るときはぜひ甘皮までしっかりと塗りましょう。

次に、夜寝る前に使う、ちょっとリッチな成分が入ったハンドクリーム。
このハンドクリームは、ベッドサイドに置いておき、夜寝る前に塗ってから就寝します。
夜にハンドクリームの成分が手に浸透していきますので、
日中用よりも保湿や美容成分が高いものを選ぶのがおすすめです。

あとは、自分への癒やし的ハンドクリーム。
日中用よりもちょっとだけリッチで、香りがよく、使用感も好みのお気に入りの一本を用意しておくと、
リフレッシュになるのでおすすめです。
香水などは、付け直すと香りが強く出すぎてしまうことがあるので気を使いますが、
ハンドクリームであれば香りもさほど強くないですし、すぐに落ち着きますので、思いきり自分の好みに走ってOK。
仕事で根を詰めすぎて疲れたときや、なんとなく元気が出ないときにお気に入りのハンドクリームを丁寧に塗ると、
気持ちが明るくなりますよ。

こうした、用途に応じたハンドクリームを常備しておくことで、実際のハンドケアにとても効果がありますし、
お手入れをするのが楽しくなります。
ハンドクリームであれば、ちょっといいものを購入してもさほどお財布の負担にはなりませんので、
いろいろなものを試してみるとよいでしょう。