ばい菌を寄せ付けない、効果的なハンドケア

手は日頃からよく使う部分であり、そのためにばい菌も多く付く部分です。
手の平には多いと数千万もの細菌がいると言われています。
この細菌は全て手に有害と言うわけではなく、表皮ブドウ球菌という細菌は、手では重要な役割を果たします。
手の汗や皮脂を栄養にして分解吸収し、そして弱酸性の脂肪酸を生み出し、それが皮脂や汗と混ざることで手は弱酸性の環境が作られ。皮脂膜を作るのです。

この皮脂膜が肌を覆うことで手を守り、外部からの細菌をブロックします。
また表皮ブドウ球菌が分泌している酵素は、病原菌の一部を破壊する効果もあり、手を健康に保つのに役立っています。
酵素は、抗生物質が効かないような細菌にも破壊する効果があり、とても重要な役割を果たしています。

手を綺麗に保つなら、手に付着している悪玉菌と言われる細菌を少なくするようにすべきです。
消毒するという方法もありますが、これは善玉菌まで殺してしまうこともあり、特に抗生物質などを使うのは良くないです。

手に付着しただけのばい菌を洗浄するなら、通常の手洗いでも十分に落とせます。
石鹸を使って手を洗い、水で石鹸が残らないぐらいにサッと洗うだけでも、十分に悪玉菌を流し落とせます。
15秒間流水で石鹸を使い洗うと細菌は4分の1になり、30秒間洗うと細菌は63分の1にもなります。
このために、少なくとも30秒間ぐらいはよく手を洗うのが良いでしょう。

ただし、手洗いをしすぎるのは手荒れを引き起こす原因ともなり、細菌が手にくっつきやすくもなります。
必要以上に手を擦ったり、冷たすぎる水で手を洗ったりするのは、手荒れを引き起こしやすくします。
手荒れがあると、流水で洗っても、悪玉菌がなかなか流れ落ちなくなってしまいます。
このために、洗いすぎないぐらいの適度な時間で洗い流すのが理想的です。
手洗いを行うなら帰宅時や食事前などはもちろんするべきですが、石鹸を使うなら低刺激の肌荒れにならないような石鹸が良く、弱酸性のソープなどもおすすめです。

ハンドクリームを塗る場合も、まずは手洗いを行って手を綺麗にしてから塗るべきです。
手荒れを引き起こさないようにするためにも、手洗いはこすりすぎないようにする、温風で乾かすと必要以上に手が乾くのでタオルなどで水分は拭き取る、綺麗なタオルで手を洗う、水分を残すと水分の蒸発で手が乾燥するので、水分を残さないように拭き取る、ということが大切です。
そうして手を綺麗にあらい、手の水分をよく拭き取った後に、ハンドクリームを塗るようにしましょう。
そしてハンドクリームを塗って手を保湿して、潤いを与えるのが良いでしょう。