アンチエイジング

手というのは日頃からよく使う体の部分であり、また素肌を晒している部分でもあるので、乾燥しやすかったりダメージを受けやすい部分でもあります。
意外に知られていないのですが、手は老化のサインが出やすいところでもあります。
顔も素肌を晒す部分ですが、この部分はメイクをしたり保湿液を付けたりと、日頃からお手入れをする人も多いでしょう。
しかし手となると、あまり手入れをしないものです。

多くの方の手は、実年齢と比べると10歳以上老けて見えるようになっており、日頃から手もお手入れをするべきです。
更に手は、顔などと比べると新陳代謝がゆっくりであり、一度シワになったりシミになると、そのダメージを元に戻すのは難しい部分です。
このためにも、日頃から、手入れをしてダメージを残さないようにすることが大切です。

若々しい手を保持するためには、日頃からのお手入れは大切であり、更に手入れ以外にも手の使い方も重要です。
まず手は洗濯や茶碗洗いなどで水をよく使う部分ですが、手に水分が付いたときは軽く水を切ったりするのではなく、しっかりと水気をタオルなどで拭き取るようにしましょう。
手に水分を残しておくと、水分が蒸発するときに手の水分まで一緒に失い、手の乾燥を早めます。

外に出ることが多いような場合は、紫外線対策も行いましょう。
紫外線を浴びると、皮膚の水分を失い、メラニン色素を増やしてシミやシワの原因を作ります。
紫外線カット効果のあるハンドクリームを塗っておきましょう。
食器用の洗剤なに含まれる界面活性剤は手荒れの原因になります。
手荒れを引き起こさないようにするためには、ゴム手袋などを履いて食器洗いをすると良いです。

さてハンドクリームは、手に塗るならいつでも気がついたときにサッと塗ることが出来、こまめに塗っている人もいるかもしれません。
しかしながら塗るなら手の隅隅まで塗らないと意味が無く、塗り忘れた部分がないようにすべきです。
塗るときは手の甲にクリームを出して、そのまま手の甲を合わせて塗るのは良くないです。

塗り方としては、まず手の平にクリームを出して、両手を握りクリームを温めます。
塗る前にはこのように十分にクリームを温めて、伸びやすくしておきましょう。
そして両方の手の平にクリームを馴染ませたら、それぞれの手で手の甲に塗り、次に指に塗り指と指の間もくまなく塗るようにします。
手の平、手の甲、指と塗ったら、最後は指先も忘れずに塗っておきましょう。
特に指先は乾燥しやすい部分なので念入りに塗るようにして、指先が終わればハンドクリームは手全体に塗れました。
手が冷たかったりする場合は、軽くマッサージして血行を促しておくと良いです。