外反母趾

外反母趾とは

外反母趾(がいはんぼし)とは、足の親指部分が内側に曲がってしまう症状のことで、ひどい場合には親指付け根の関節が根本からずれてしまうような状態になります。

見ただけで親指が不自然に「く」の字になっているので、外反母趾を患っているかどうかはすぐに判断をすることが可能です。

外反母趾の原因は誤った歩行方法を長年続けてしまっていることと、爪先が極端に狭い靴を履き続けてしまうことが主なものとなっています。

以前から外反母趾というと若い女性がよくかかるものというイメージはありますが、これは見た目を重視するあまり足に合わないハイヒールを長く履き続けてしまうことが原因と言えます。

現在では外反母趾の症状がかなり有名になったこともあり極端に曲がった人はそれほど多く見かけなくなってきましたが、それでも患者さんの数は激減しているとは言いがたい状況ですのでぜひ自分の足をいたわり少しでもかからないように注意をしていってもらいたいです。

外反母趾が起こるしくみ

外反母趾が起こる原因は足に合わない靴を履くことですが、特に爪先が極端に細くヒールが高い靴に多く起こります。
ヒール以外にも、爪先部分が細身のパンプスや、土踏まず部分が全くない平坦で底の浅いサンダルなどを履き続けても同様に症状が出てしまうこともあります。

足に合わない靴を履いて長く歩くと、足の指がきれいなアーチを描かずぺたぺたと引きずるような歩き方になってしまいます。
人は本来歩行をするときには足先の指で大地を掴み跳ね上げるようにするのが自然な動作となるため、ペタペタ歩きをしていると足の指の筋肉が弱まり外反母趾が起こりやすくなってしまうのです。

また一日の生活の中でほとんど歩行をしないということが長年続くと、同様に足の周りにある筋肉が全体的に弱くなっていってしまいます。
そのため急に歩いたときなどに一気に外反母趾の症状が進んでしまうこともあるようです。

女性の方が外反母趾になりやすいのも、身体全体の筋肉量が男性よりも少なく、また関節が全体的に柔らかいということが関係していると言えます。

外反母趾の治療法

外反母趾はあまりにもひどくなってしまった場合には外科手術により足の歪みを治すということになりますが、ほとんどの場合歩きにくさは感じるものの、なんとか歩くことはできるという状態で保たれていたりします。

仮に手術により無理やり足の形を整えたとしても、手術前と同じように誤った歩き方や靴選びをしているようではおそらくいくらもたたないうちに再び症状が出てきてしまうことになるでしょう。

そのため外反母趾の治療には外科手術は最終手段とし、まずはテーピングや歩行訓練などで歩き方を改善することが最初になっています。

長期的な治療となりますが、継続をすれば必ずもとに戻ります。
普段から足の形には気を使いストレッチなど生活習慣の中で予防をしていくようにしましょう。